スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念日のレストラン Lo Stravagante

メリークリスマス☆

今月は結婚記念日がありました。
いい機会ですので、グルメの友達がおすすめする近所のレストラン「Lo Stravagante」に行ってきました。
伝統的なトスカーナ料理のレストランはチョット飽きてきた今日この頃、ここはちょうどいいお店です。
初めてなので、お肉のお試しコース30ユーロを頼んでみました。

まずはお通し。ラーパ(カブの葉っぱ)とポテトのスフォルマートとスモークサーモン。
lo stravagante1

前菜1。牛肉のタルタル、バルサミコ酢添え。
lo stravagante2

前菜2。モッツァレッラとなすのフラン、トマトソース添え。ふわっふわでした。
lo stravagante3

プリモ1。トリュフとリコッタチーズを詰めたトルテッリ。ポルチーニ茸入りのあっさりスープと一緒に。
lo stravagante4

プリモ2。栗の粉で作ったフェットゥッチーニの鹿肉ミートソース。しっかりした味でおいしい。
lo stravagante5

セコンド。鴨の胸肉のハチミツ&パプリカソース。とげとげズッキーニ添え(下に画像あり)。
lo stravagante6

ドルチェは私とジャンカルロと別々のを持ってきてくれました。これはクレームブリュレ。
lo stravagante7

もうひとつのドルチェ、チーズケーキ。私はこっちが好き。
lo stravagante8

これがとげのあるズッキーニ。私も初めて見ました!
ズッキーニとじゃがいもの中間って感じです。オーナーシェフの庭で栽培してるとのこと。
lo stravagante9

これだけ食べて30ユーロってお得ですよね。お腹いっぱいです。
アラカルトでもプリモ9~10ユーロ、セコンド12ユーロ~なのでお手頃。
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナなんて100kg3ユーロですよ。安い!
近所においしいお店があるのは嬉しいです♪

Lo Stravagante (ロ・ストラヴァガンテ)
Via Boccaccio 35r Firenze
Tel:055-5048137 / 347-6968381

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

とっても美味しいお店 - Osteria i Riffaioli

ウチから歩いて約10分の場所にある、オステリア イ・リッファイオーリ。
いろいろなグルメガイドでも紹介されているので気になってましたが、やっぱり美味しかった!
夜は10人くらいのグループなら開けてくれますが、基本的にランチのみ営業です。
13時頃は混みあうので、予約しないと席がない場合もあります。
riffaioli1.jpg

私たちのテーブルのお通し(?)はチンタセネーゼのサラミ♪
テーブルによってお通しは変わります。
紙袋に入ってるスキアッチャータとパンも美味しいです。
riffaioli2.jpg

Linguine ai funghi misti(ミックスきのこのリングイネ)。9ユーロ。
riffaioli4.jpg

Chiocciole al pesto di cavolo nero(黒キャベツペーストのキオッチョレ)。8ユーロ。
riffaioli3.jpg

Tegamaccio alla senese(シエナ風の煮混み)。10ユーロ。
牛肉と豚肉を使用。お肉がとっても柔らかい。
付け合せには、Fave secche stufate(乾燥そら豆のシチュー)。4ユーロ。
ボリュームたっぷりです。
riffaioli5.jpg

Baccala' con carciofi(バッカラとアーティチョーク)。12ユーロ。
これが美味しいんです。また食べたい!
riffaioli6.jpg

Torta di mele(りんごケーキ)。4ユーロ。
もうかなりお腹いっぱいだったので、1つを半分ずつ。
りんごの他に干しぶどう、松の実が入っていて、これまたボリュームあります。
riffaioli7.jpg

小さいお店なのに、大きめのテーブルを使ってるので、すぐにいっぱいになってしまいます。
riffaioli8.jpg

オーナーシェフのシルヴィオさん。
奥様と息子さんも一緒に働いている、家族経営のお店です。
機会があったら行ってみてくださいね。
riffaioli9.jpg

Osteria i Riffaioli
Via del Ponte alle Riffe, 2-4/R (Via Boccaccioの角)
営業時間:月?土 10:00-15;30
席料なし

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

ベジタリアンレストラン - Il Vegetariano

1981年からあるベジタリアンレストラン Il Vegetariano。
ヴィーガンの友人が遊びに来たので、一緒にランチしに行きました。
量も多いし、お値段もお手ごろです。
私はベジタリアンではありませんが、ここは美味しいので好き♪
旅行中、お野菜が食べたくなった時にもいいですね。
vege0.jpg

まずはお店の奥にあるレジで注文し、支払いを済ませます。
セルフサービス式なので、グラスやフォーク・ナイフなどはレジ脇にある食器棚から取ります。
vege3.jpg

レジ上にかかってるメニュー。左がお料理、右は飲み物とデザート。
ヴィーガン用メニューや、グルテンなしのメニューはしるしが付いてます。
vege1.jpg

レジの向かいにあるカウンター。
ここで、支払い時にもらった紙を見せてお料理を受け取ります。
サラダを注文すると、このカウンターにある好きな野菜を何でも選べます。
お盆はカウンターの脇にありますよ。
vege5.jpg

デザートも美味しい!
vege2.jpg

お友達が頼んだのは、ねぎとキノコがのった豆腐ステーキ&ブルグア&サラダとチョコレートタルト。
私はチュニジア風クスクスと洋ナシ&あんずのケーキ(大好き♪)。
vege4.jpg

ランチのピークが過ぎて、ちょっと落ち着いた頃。
vege6.jpg

中庭。
お天気の良い日はみんな外に行きたがるので、すぐに席がなくなってしまいます。
イタリア人は寒くても外が好きですね。
vege7.jpg

Il Vegetariano
Via delle Ruote 30r
定休日:月 (土・日・祝は夜のみ営業)

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

激うまスパゲッティがあるトラットリア Fratelli Briganti

今年でオープン51年になるトラットリア フラテッリ・ブリガンティ。
兄弟で始めて、今では息子も加わった家族経営の庶民的なトラットリアです。
いつ行っても地元民で混みこみなので、予約して行きましょう。
ルパート・エヴェレット似の息子↓
briganti10.jpg

このお店に行く目的は、名物スパゲッティを食べること♪
フレッシュトマト、バジリコ、ニンニク、パルミジャーノチーズ、ペペロンチーノを使った
シンプルなパスタなんですが、これが激うま!!
ピッツァ用の大皿で出てくるので、量が多そうでしょ。でもぺロっと食べられちゃいます。
Spaghettini al pomodoro fresco,8ユーロ。
briganti1.jpg

ジャンカルロは本日のメニュー、巨大ラザニア。
クリーミーな優しい味。これも8ユーロ。
briganti2.jpg

私のセコンドは、骨付きチキンと野菜のトスカーナ風フライ。10ユーロ。
野菜はアーティチョク、ズッキーニ、ポテトの3種類。
これも美味しいのでよく食べるメニュー。
トスカーナ風フライとは、材料に小麦粉をまぶして、溶き卵を付けてそのまま揚げるので
黄色い色してます。
briganti3.jpg

ジャンカルロのセコンドは、これまた本日のメニューのローストビーフ。
とっても柔らかいお肉でした。8ユーロ。
briganti4.jpg

夜はピッツァもありますよ。
玉ねぎとサルシッチャのピッツァ。7ユーロ。
briganti7.jpg

デザートのマレンゴ。4ユーロ。
いわゆるメリンガータですね。メレンゲの間にクリームとチョコチップを挟んだケーキ。
これも大きいから2人で半分。
briganti6.jpg

他のデザート例。トスカーナのお菓子ズッコット。
ドーム型の型に洋酒をしみこませたスポンジケーキを敷いて、クリームを詰めたお菓子です。
briganti8.jpg

マチェドニア(フルーツポンチ)+ジェラートも好き♪
briganti9.jpg

今日も美味しかったね?。満足☆
briganti5.jpg

・Fratelli Briganti
Piazza Giorgini 12/r
Tel; 055 475255
定休日:木曜と金曜のランチ
支払いは現金のみ。カードは使えません。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

年越しディナー@GANZO

新年おめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。

皆さんはどのように年を越されましたか?
私たちはGANZO(ガンゾ)というレストランで食事をしながら新年を迎えました。
「カッコイイ」とか「イケてる」という意味のこのお店、フィレンツェ芸術大学(FUA)と料理学校APICIUSが、生徒の日頃の活動の成果を披露する場所を設けようという目的で、
2008年春にオープンしました。
壁に飾ってある写真などはもちろん学生さんの作品。
ホール担当は料理学校のマスターコースに通う生徒さんだそうです。

通常は会員制なので、年会費9ユーロ払わないと入れないのですが、
大晦日ディナーは特別イベントなので、一般人でも入ることができました。
ganzo1.jpg

20人くらいしか入れない小さなお店です。
まずはスプマンテで乾杯♪
ganzo9.jpg

前菜の前に出てきた、トマトのムース。
チューブに入ってるライム風味のモッツアレッラクリームをかけて食べます。
さっぱりとしておいしい。
ganzo10.jpg

前菜3種類。
左:バッカラのムース、トリュフ風味+ブロッコリとピスタチオのクリーム。
中:キアニーナ牛のたたき+卵+ケッパーのフライ。
右:スモークかじきのロール+オレンジ、フェンネル+サーモンの卵、バルサミコソース。
この後、グリルした骨髄+タバスコ風味のマッシュトポテトのせも出てきました。
ganzo2.jpg

プリモ1:Cavatelliという手打ちパスタ。
フェンネル、あんこう、ズッキーニのソースに、ボッタルガがかかった美味しいもの☆
ganzo3.jpg

プリモ2:アーティチョークのリゾット。
ローストの肉汁がかかって、これもとっても美味しい☆
ganzo4.jpg

セコンド。もう結構お腹いっぱいです。。。
左:コテキーノの包み焼き、レンズ豆添え。
右:80度の温度で茹でた牛のほほ肉、モレッリーノのワインソース。
レンズ豆はお金が入ってくると言われてる、年末に欠かせない縁起のいい食べ物です。
ganzo5.jpg

デザートの前に、この日の担当シェフが液体窒素のタンクを持って登場。
ボールに注いで、抹茶ホイップクリームを入れると、たちまち抹茶アイスに!
口直しにいいです。
ganzo6.jpg

デザート。
ババのライムとバジリコクリーム沿え+ベリー+ヘーゼルナッツとゴマのクッキー。
ganzo7.jpg

最後の最後は、年越しの瞬間に欠かせないブドウ。
本当は1人12粒食べるといいのですが、ちょっと足りません。。。
でもお腹パンパンだし、ブドウが出てきたのは12時過ぎだったので、まぁいいですね。
このお砂糖がまぶしてあるブドウ、ほんのり甘くて美味しかったです。
ganzo8.jpg

トスカーナの伝統料理も美味しいけど、
たまにはこういうモダンな創作料理もいいですね。
この日のメニューはスプマンテor赤or白ワイン1本込みで1人50ユーロ。
ヘンなレストランよりず?っといいです♪

・GANZO
Via de' Macci 85/r - 50122 Firenze
月?土 12:00-00:00

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

テーマ : イタリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

alcantuccio

Author:alcantuccio
1997年 渡伊。ジャンカルロと知り合う。
2002年 結婚。
2006年 私たちが住む建物の上の階にあるアパートをB&Bとして開業。

時間があればフィレンツェの街をご案内いたします。遊びに来てくださいね。
Forza Viola!!

al_cantuccio@hotmail.com
http://alcantuccio.web.fc2.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
Sponcered Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。